インスピレーションで売買

鉄道と旅行とおでかけ > 投資 > インスピレーションで売買

インスピレーションで売買

2014年8月 8日(金曜日) テーマ:投資

コンピュータの前で、つねに上下している為替相場を見てしまうと、何やら売り買いをしたい衝動に影響される方も少なくないだろう。

 

しかしながら、ぼんやりした衝動で注文することは決してしてはいけません。

 

ご存知の通り、外国為替相場は年中、どういう時でも為替市場は変動しているし為替レートも常時変動している。

 

しかし、だからといって闇雲に注文を積んでいくと、その回数分だけ損失が生じる危険性が上がってしまいます。

 

当たり前ですが、注文の回数を経験することによって、トータルで勝利する可能性が五分五分になっていきます。

 

けれども「なんだか分からないインスピレーションで売買」することとは話が異なります。

 

取引回数を重ねる意味というのは、「ここは勝てる」と考え付いた感覚を得られた状態での取引回数を増やすという事を言っています。

 

ただ何となく、次々と売り買いを経験するのとは明らかに違います。

 

相場の戦いに立ち向かうためには白分で深く考えてけじめをつけることが必要です。

 

「ここで勝負」と感じた相場の時には、迷うことなく保持ポジションを増やして、意識して利益を求めます。

 

「明らかに分からない市場で、どうなるか思いつかないな」と思ったならば、いっそのこと持っているポジションをすべてクローズして黙っています。

 

これぐらいのテンポでやった方が結果的に売り買いはうまくいくものだ。

 

FX相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

 

文字通りその通りです。



関連記事

ドルのトレード

ドルのトレード

2014年8月11日(月曜日)

インスピレーションで売買

インスピレーションで売買

2014年8月 8日(金曜日)